2010年04月06日

「学ぶとは、自分で考えて」=ノーベル賞小林誠氏が講演−神戸大入学式(時事通信)

 神戸大学の入学式が6日、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホールで行われ、ノーベル物理学賞受賞者で日本学術振興会理事の小林誠氏が記念講演し、「考え方は一人一人違っていていい。学ぶとはどういうことか、自分で考えて学生生活を充実させてほしい」と新入生にエールを送った。
 小林氏は「何を学ぶか」と題し、約30分間講演した。「深い専門知識と広い視野の両立が課題」とした上で、「未知の領域の解決の糸口は思いがけないところにある」と指摘。ノーベル化学賞受賞者の下村脩氏のクラゲの発光に関する研究を例に、「当初は予測されていなかったが、今ではなくてはならないものになっている。どんな研究もこうした可能性があり、(こうした研究を)たくさん持っていることが社会の厚みであり、財産だ」と、研究の多様性の重要性を強調した。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕日本人に6年ぶりノーベル賞
〔写真特集〕日本人ノーベル賞受賞
邦人建築家が百貨店改修へ=プリツカー賞の妹島、西沢氏
クラゲ水族館「すばらしい」=ノーベル賞下村さんが訪問
妹島、西沢両氏にプリツカー賞=建築界の権威、日本人4度目

平沼氏 月内にも新党結成へ 保守勢力の結集を目指す(産経新聞)
「日本一」スカイツリーに交代、東京タワー抜く(読売新聞)
市販薬ネット販売禁止は「合憲」…東京地裁(読売新聞)
<雑記帳>慶大SFCが設立20周年の記念式典(毎日新聞)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
posted by t07cckm1r9 at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。